いがらしクリニック

お問い合わせ
077-514-1130

いがらしクリニック

MENU

クリニックブログ

Clinic blog

開院から2か月がたちました。

こんばんは、いがらしクリニックです。 お陰様で開院から2か月がたちました。 最近は寒くなってきたのもあり、風邪症状や長引く咳で来院される方が多いように思います。 初めて来院される方には、詳しく症状をお聞きして、丁寧な説明を心がけておりますので、お待たせすることがあります。 体調がすぐれない中、お待たせして申し訳ありません。 傾向としては、火・水の午前中が比較的すいておりますので、ご都合のつく方は参...

睡眠時無呼吸症候群について①

こんにちは、いがらしクリニックです。当院でも睡眠時無呼吸症候群(SAS)の検査が可能ですのでお知らせいたします。SASでは睡眠中にたびたび呼吸が止まってしまい十分な睡眠がとれずに様々な症状がでることがあります。いびき、日中の眠気や倦怠感、不眠や中途覚醒、起床時の頭痛や重い感じ、インポテンツ、夜間頻尿、抑うつ状態などの症状が代表的です。SASの原因として肥満や首が太く短い方、顎が小さい方などの身体的...

土曜日の午後診療

こんにちは、いがらしクリニックです。最近は冷え込むことも多くなり、体調に変化をきたしたり風邪気味となることもあるかと思います。当院は土曜の午後も17時まで診療しております。急な症状や仕事の都合で平日の受診が困難な方はご利用いただければと思います。よろしくお願いいたします。 ...

気管支喘息について③

こんにちは、いがらしクリニックです。気管支喘息の3回目になります。喘息は「気管支が炎症を起こしていること」と「炎症によって気道が狭くなっていること」が本質ですので、「炎症をとること」と「気道を広げること」が重要になります。ただ、気道を広げるだけでは根本である炎症は続いてしまうことになるので、まずは炎症をとってあげる必要が出てきます。 【気管支の炎症を改善させる】 吸入ステロイドが重要な位置づけとな...

気管支喘息について②

こんにちは、いがらしクリニックです。前回の続きです。喘息とCOPDは少し似ていますよね。でも、お話を聞くことでより喘息らしい証拠が集められますので、初めて来院していただいた場合は少しお話を聞く必要があります。検査だけが絶対ではないので。 検査に関してお話すると、喘息は、肺機能検査(肺活量や1秒間にどれだけ息を吐ききれるかなどを調べます。肺年齢もお伝えできます)を行って肺機能の低下がないか調べますが...

気管支喘息について①

こんにちは、いがらしクリニックです。今回は喘息(気管支喘息)についてお話しします。喘息の言葉の定義をかみ砕くと、「気道に炎症がおこること」となります。少し詳しく言いうと、「慢性的に気管や気管支(気道)に炎症が起こり、空気の通り道が狭くなることで、ゼイゼイやヒューヒューといった音、咳、呼吸困難などが起こる」という状態のことを指します。そしてこの炎症には自分の「免疫細胞や炎症細胞」などが関わっています...

ノーベル医学生理学賞:PD-1とPD-L1②

こんにちは、いがらしクリニックです。前回の続きのお話しです。この免疫のブレーキであるPD-1をブロックするオプジーボ®などは免疫チェックポイント阻害薬と言われます。今までは免疫を活発にすることでがんを攻撃しようとする研究が盛んにおこなわれていましたし、現在も改良を加え一般的な実用化の手前まできています。これらの働きは、自動車で例えると免疫にアクセルをかけるということになります。アクセルをかけて免疫...

ノーベル医学生理学賞:PD-1とPD-L1①

こんにちは、いがらしクリニックです。10月1日、京都大学の本庶佑先生がノーベル医学生理学賞を受賞されました。今までにない新たながん治療の創薬につながるPD-1(ピーディーワン)の発見です。これにより、がん治療の手段が劇的に変化しました。PD-1はリンパ球などの免疫細胞が備えている物質です。その働きは、自動車で例えると強力なブレーキにあたります。 風邪(ウイルス感染など)は薬を飲まなくても自分の免疫...

インフルエンザウイルスの検査や薬について

こんにちは、いがらしクリニックです。京都でもインフルエンザウイルスによる学級閉鎖のニュースがありましたが、滋賀県でも少しずつ発症が確認されています。インフルエンザの潜伏期間は平均2日程度で、典型例は急な発熱(高熱)、筋肉痛、関節痛などの全身症状で発症します。インフルエンザウイルスの検出確認は、「熱がでてから12時間くらいたたないと陽性反応がでないことがある」と言われていました。当院では最短3時間程...

COPDのこと

こんにちは、いがらしクリニックです。今回は呼吸器疾患の一つのCOPDについてお話をしようと思います。COPDは、「主にタバコ煙などの有害物質を長く吸っていると、息をはきだす機能が低くなり、咳・痰・呼吸困難・息切れなどの慢性の症状がでる状態」のことを指します。COPDは英語の表記ですが、日本語では慢性閉塞性肺疾患といいます。診療案内にも記載しましたが、英語表記の頭文字を組み合わせてCOPDとよびます...
1 2 3

Medical List診療案内

Links当院の病診連携