いがらしクリニック

お問い合わせ
077-514-1130

いがらしクリニック

MENU

施設案内

Clinic

Clinic医院概要

  • 医院名
    いがらしクリニック
  • 住所
    〒524-0022 滋賀県守山市守山6丁目10番34号
  • お問合せ
    Tel.077-514-1130
    (TEL・FAX共通)
  • 診療内容
    呼吸器内科・呼吸器外科、一般内科、
    外科、健康診断、予防接種
  • 診療時間

Facility設備紹介

開放的な受付

開放的な受付

吹き抜けで明るい雰囲気となっています。ペンダントライトが特徴的で、エコカラット・エッグウォール(卵の殻の再利用)・ハイクリンボードなど湿度調整やホルムアルデヒドを吸収分解する素材を用いております。

明るい待合室

明るい待合室

開放的な窓が特徴的で、小さなガーデンを眺められます。別室として発熱待合も設けており、トイレや洗面所もバリアフリーとなっております。間接照明を使用し、穏やかな雰囲気となっています。天井のエアコンは大型の空気清浄機を兼ねています。

診察室

診察室

受付の奥にあり、診察中の声が待合には届きません。1診と2診で運用いたします。2診ではエコーや縫合処置を行います。

処置室

処置室

生体モニター観察・酸素投与などが行え、心電図・血圧脈波が測定できます。状態に応じでベッドかリクライニングが選べ、創部(ケガ)の洗浄にシャワーも設けています。

検査室

検査室

肺機能検査(肺年齢)、呼吸抵抗(モストグラフ)、呼気NO測定(喘息検査)、採血・血糖測定機器、吸入(ネブライザー)等備えています。

キッズスペース

キッズスペース

絵本や漫画、おもちゃなど充実させていきます。お子様連れでご来院いただきやすい環境にしております。

X線装置

X線装置

ベッドは柔らかく、冷たくない素材でできており、電子カルテとの連携がスムースな最新デジタル画像(DR)です。

一酸化炭素ガス分析装置(マイクロCOモニター)

一酸化炭素ガス分析装置(マイクロCOモニター)

禁煙外来で使用します。タバコに含まれる有害物質の一つである一酸化炭素を測定します。タバコを吸わない人は3~5ppmの濃度ですが、喫煙者はおおよそ7~10ppm以上になります。大気汚染の上限値は10ppmですので、それ以上の方は大気汚染のひどい地域に住んでいることと同等になってしまいます。

超音波ネブライザー(吸入器)

超音波ネブライザー(吸入器)

据え置きタイプとハンディタイプがあります。喘息等の治療で使用します。

呼気NO濃度測定器(NObreath)

呼気NO濃度測定器(NObreath)

吐く息のNO(一酸化窒素)を調べて喘息の可能性を調べます。10秒ほど息が吐ければ、子供でも可能です。喘息などのアレルギーを起こす原因となる好酸球(免疫細胞)が活発になって気道粘膜から発生するNOを測定しますので、咳の原因をより詳細に調べられます。

肺機能測定装置(スパイロメータ)

肺機能測定装置(スパイロメータ)

肺年齢やたばこの影響(肺活量:息を吸う力、1秒量:息を吐く機能)が測定できます。喘息・COPD・間質性肺炎など診断に有用な検査です。

尿化学分析装置

尿化学分析装置

院内で正確・迅速に測定可能です。目視では難しい判定も、自動で可能です。

超音波画像診断装置(エコー)

超音波画像診断装置(エコー)

頸部血管・甲状腺・胸部・腹部(肝臓、胆嚢、腎臓、膀胱等)臓器の状態を、痛みなく観察可能です。虫垂炎を疑う時にも使用します。

心電計(解析付)

心電計(解析付)

最新の医療機器です。不整脈や狭心症・心筋梗塞の診断にかかせない検査機器です。自動で正確な診断を行います。

自動血球計数CRP測定装置

自動血球計数CRP測定装置

クリニック内において、4分程度で肺炎の時の炎症反応・貧血等が調べられます。採血が難しい場合、指先からのわずかな血液で検査可能です。

呼吸抵抗測定(モストグラフ)

呼吸抵抗測定(モストグラフ)

安静呼吸(普通のゆっくりとした呼吸)・短時間で気道の抵抗を測定できます。お子様でも可能な検査の一つです。喘息やCOPDなどで使用します。

血圧脈波検査装置

血圧脈波検査装置

血管年齢が測定できます。動脈硬化の程度を短時間で簡単に測定できます。両手両足に血圧計を巻く要領で行います。

ベッドサイドモニタ

ベッドサイドモニタ

重症の患者さんが来られた場合に、血圧・脈拍・酸素飽和度などが状態に応じて持続的に監視できます。

睡眠評価装置(パルスリープ)

睡眠評価装置(パルスリープ)

睡眠時無呼吸症候群の検査機器です。持ち帰っていただき、連続した2晩、胸・指・鼻に簡単に装着してスイッチを押すだけです。翌朝は外すだけでしばらくすると自動的にスイッチがオフになります。

Medical List診療案内

Links当院の病診連携